折々の歌

 

歓喜(よろこび)の歌
    
  
ベートーベン交響曲第9番

晴れたる青空 ただよう雲よ
小鳥は歌えり 林に森に
心はほがらか よろこびみちて
見交わす われらの明るき笑顔

花咲く丘べに いこえる友よ
吹く風さわやか みなぎる日ざし
心は楽しく しあわせあふれ
響くは われらのよろこびの歌


      作詞 岩佐東一郎





























宿




宿





















2016年の11月、初冬の東北路を旅しました。
福島県郡山〜岩手湯田温泉郷〜秋田横手〜湯沢〜秋ノ宮〜宮城鳴子。
寒さに震えながらも幾多の温泉を巡り、冬の景色を楽しみ、各地でおいしいものを食べました。
寿司は食えなかったけれど、松花堂弁当の美味しいお米なども忘れ難い。
寒かったけれども良い旅路に満足しました

 

 

折々の歌インデックス   太宰楼トップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system