折々の歌

 

夏の思い出

夏がくれば 思い出す
はるかな尾瀬 遠い空
霧のなかに うかびくる
やさしい影 野の小径
水芭蕉の花が 咲いている
夢見て咲いている水のほとり
石楠花色に たそがれる
はるかな尾瀬 遠い空

             作詞  江間章子






















































2014年の7月、群馬県と新潟県を旅しました。。
台風が九州に上陸し、新潟の栃尾又や群馬県水上では雨に降られました。
栃尾又での静かな滞在や、台風一過での澄んだ榛名湖の空、涼しい草津や万座の空気。。
草津で豪快に飲んだことも楽しい思いでです。
帰ってきた遠州の暑さにげんなりしつつ、万座の空気を懐かしんでいます。。

 

 

折々の歌インデックス   太宰楼トップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system