折々の歌

 

 

百湯一首  乱れ湯めぐり


清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 
今宵あふ人 みなうつくしき

         与謝野晶子





































2012年新春、熊本から筑後路へと遊びました
特にこの歌に注釈は必要ないとも思われます。
北九州の旅は行く先々で湯も酒も食べ物も、そうして行き交う人々みな美しい土地でした。
佳い旅ができたことに感謝

 

 

折々の歌インデックス   太宰楼トップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system