折々の歌

 

坊がつる讃歌

白銀の峰思いつつ
今宵湯宿に身を寄せつ
斗志に燃ゆる山男
夢に九重の雪を蹴る

    第8節(全9節)
         作詞  神尾明正
















































2014年の6月、大分と熊本を旅しました。
博多〜日田〜耶馬溪〜玖珠〜九重〜阿蘇〜小国
ミヤマキリシマを愛でながら九重の山に遊び、阿蘇の湯を再訪しました。
本州は梅雨入り直後の大雨でしたが九州は良い具合の曇天、メインエベントの登山が過酷だった分、
前後に訪れた温泉群ではさらに極上気分。宝物がまた一つ増えました。

 

 

折々の歌インデックス   太宰楼トップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system