折々の歌    

       

アンコ椿は恋の花

三日おくれの 便りをのせて
船が行く行く 波浮港
いくら好きでも あなたは遠い
波の彼方へ 去ったきり
あんこ便りは あんこ便りは
あゝ 片便り

三原山から 吹き出す煙
北へなびけば 思い出す
惚れちゃならない 都の人に
よせる思いが 灯ともえて
あんこ椿は あんこ椿は
あゝ すゝりなき

風にひらひら かすりの裾が
舞えばはずかし 十六の
長い黒髪 プッツリ切って
かえるカモメに たくしたや
あんこつぼみは あんこつぼみは
あゝ 恋の花


            作詞 星野哲郎
            作曲 市川昭介















































椿






















2019年3月、伊豆大島に逍遥しました。
熱海港からジェット船に乗って岡田港についてレンタカーで三原山や大島の椿を眺めて回りました。
遠い遠い昔、大島に来たことがあるのですがこうして再び大島の地を踏んでぶらぶら遊山して回ることのなんとうれしいことでしょう。
温泉めぐりもできたしおいしいものも食べたし、わが魂も2019年のまだ見ぬ新たな旅へときりりと弓を引き絞った気分になれました。

 

 

折々の歌インデックス   太宰楼トップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system