折々の歌

 

 

万葉秀歌


あかねさす 紫野行き 標野行き
野守りは見ずや 君が袖振る

         額田王


































2012年12月長州路を旅しました。我が友惜別の忘年会でした。
ふる里の花よ香るか今も…
友は遠方に帰るかもしれないけれど、また年に数回は遊ぼうじゃないか!
そんな思いで、遠く去ってゆく列車に手を振りました。
※最後の写真はイメージです。

 

 

折々の歌インデックス   太宰楼トップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system