塩沢フォッサマグナ温泉


塩沢フォッサマグナ温泉

■施設名   塩沢フォッサマグナ温泉  
■値段    800円(町内者はもっと安い)
■住所    
■電話    
■時間    
■定休    
■その他
■訪問日   2016/9/12

泉質等失念

増冨ラジウム温泉に仙遊し、その帰り道にサントリー白州工場を見学し、ワイン工房に立ち寄り、道の駅白州でおいしい水を飲んでブドウとお野菜を買いました。
楽しくてたまりません。
それでももう帰らなくちゃいけません。

最後の一湯に訪ねたのがここ塩沢フォッサマグナ温泉です。
「ここは以前にも来ませんでしたかね」
同行者が訪ねます。
「うん、確かこの奥の滅亡した温泉宿を訪ねたんじゃなかったかな」
もう少し山側に入った温泉を目指した記憶があります。歳月人を待たず。少年老い易く学成り難し。日暮れて途遠し。

閑話休題。
塩沢フォッサマグナ温泉はやはり北杜市の公営温泉施設です。
入浴料金が800円というのが衝撃的です。
地学的に非常に学術的価値の高いフォッサマグナの直上に位置するというのがここの売りですが温泉的には特段の学術的価値を感じることができません。

やや疲弊した公営の施設に無色透明無味無臭消毒剤添付の湯が循環で供されている。
それでもはるか、山梨長野の県境の野面を眺めながら入る湯もいくばくかの旅情ありて、これはこれで良き訪問と思い直して、湯を出でれば秋風さやか。

 

 

 

山梨県の温泉に戻る   太宰楼トップ

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system