野沢温泉


野沢温泉 常盤屋旅館

■施設名   常盤屋旅館
■値段    一泊朝食付きで14000くらい(一人部屋) 
■住所    長野県野沢温泉村
■電話    なし
■時間    立寄り入浴不可
■定休    
■その他
■訪問日   2016/7/24

泉質等失念

1度入ってみたかった野沢温泉の常盤屋旅館に初めての投宿。
こちらは言わずと知れた野沢に常盤やありといわれる名旅館。
この宿は野沢温泉の中心に立地し、光明皇后由来といわれる自家源泉を持ち、ひとたびその湯につかれば万病直ちに快癒し心安らかな安寧の境地に至り、人はみな心身ともに解放せられるまさに浄土の世界を体感できるのだとか。

 

とろとろと放流される湯は硫黄臭気。
かぐわしい香りとしっとりとした浴感はまさに極上。
浴室の風情もなかなかのものです。(光明皇后像の後方樹脂壁面をのぞいて)

 

たった一人でこれだけの浴室を独占して湯の中でゴロゴロと転がってみたり、湯口から湯をぐびぐび飲んでみたり、しばし贅沢な時間を過ごす。

 

夕刻なのに誰一人入浴に来ません。
日曜ゆえ宿泊客も僅少だったと推測されますが、この日は大相撲の稀勢の里の一番にみんなが注目していたためというほうがより大きな理由かもしれません。

 

いずれにせよ情感あふれる野沢の街で、強烈な暑さが和らぐ夕刻にひとりのんきに湯あみする時間が楽しくてたまりません。
湯はいいし、宿は古いけれど部屋は広いし、野沢の焼肉も廉価で楽しみと来てる

 

避暑逗留にしてはやや野沢は標高が低く日中は普通に暑いのですがまあ、それはそれ。
有意義な滞在を楽しめて満足でした。

 

 

 

 

長野県の温泉に戻る   太宰楼トップ

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system