吉田温泉


 吉田温泉(日当山温泉郷)  

■施設名   吉田温泉
■値段    350円
■住所    
■電話    
■時間    
■定休    
■その他
■訪問日   2017/5/29 

泉質等データ失念

そうして最後にやっていたのは同じく日当山温泉郷の吉田温泉です。
ここは立寄りだけでなく、滞在型湯治の宿としても機能しています。
街道からは少し外れた静かな天降川の左岸の集落、近隣には家族湯などの施設がいくつも点在しています。

吉田温泉の浴場は御覧の通り硬派の造り。
正統派直球一本やり、これで何の不足がありましょう。
昼下がり、静かな浴場にはとろとろと透明清澄の湯が流れ続けています。
浴槽の湯は表面張力で盛り上がっています。これは良い温泉浴場だとすぐにわかります

湯はとろみを帯びた熱めの湯。
体感で44度ほどでしょうか、きりりとしてビシッと身体に伝わる熱の湯と評価します。
古びたタイルの浴槽と広い浴室空間、高い天井、温泉情緒あふれるところだと思います。
初夏のさわやかな風が開け放った窓から吹き込んでくる中で、熱めの湯にしばし浸かり、今回の旅の思い出を頭の中に巡らせます

空港から鹿児島市街地、船に乗って硫黄島、再び鹿児島に戻って大隅半島周遊、そして日当山温泉巡り。
過ぎ去ったいくつもの湯や、見たものや体験したことや食べたものがぐるぐると脳裏を駆け巡ります。
こんな静謐の浴場にふさわしい瞑目の時間を得て、さあ、そろそろ昼食をとって散会の時間が迫っています。
「鹿児島のうなぎも良いらしいですよ」
「いいですねえ」
「近くに安くて評判の店があるらしい」
「ほほう」
安いウナギの当たり外れはこの際置いておいて、このようにして我が2017年初夏の鹿児島紀行は終わったのでした

 

 

鹿児島県の温泉に戻る   太宰楼トップ

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system