国分温泉


 国分温泉(日当山温泉郷)  

■施設名   国分温泉
■値段    390円
■住所    
■電話    
■時間    
■定休    
■その他
■訪問日   2017/5/29 

泉質データ等失念

旅は最終行程です。
大隅半島の弥五郎の湯という非温泉施設からひた走り国分隼人温泉郷まで帰ってきました。
この周辺は日当山温泉郷といって鹿児島でも屈指の温泉密集地域なのであります。
いくつもの温泉施設が街を歩けばそこかしこに見つかる、そうしてそれらの多くは自家源泉を有し、いずれも湯量トヨトミ、貸し切り浴場なども普通に併設されていて街の探訪が楽しい、そんな地区なのでした。
今回の旅では先ずはここ、その名も国分温泉に立ち寄ります。

住宅地の一角にある国分温泉は、外観よし、お湯よしで、三ツ星クラスの公衆浴場です。
ややくたびれ感のある建物とフロント周りの雑然感が却って私のような野人には落ち着きます。
訪ねたこの日のフロントは無人
カウンターに湯銭を放置して浴場へと直行します。
浴室に一歩入ると、タイルづくりの浴場には奥側に大きな浴槽が一つ。
中央部が丸くせり出し、両側は四角四面
透明無色の湯がかなりの量でもってあふれ出しています
浴感はつるつる感顕著
ジェット風呂や電気風呂やサウナもあって地元のお父さんのにーづにもしっかりと対応、さらには良質の源泉を飲むことも可能で、衛生面での湯質も良いものだと思われます

しばし明るい真昼の浴場に遊び、さあ、それでももう行かなくちゃ。
心はラストヘビー



 

 

鹿児島県の温泉に戻る   太宰楼トップ

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system