太宰的美味礼讃

 

むっちゃん (炒飯・餃子・ラーメン他)

 

浜松市の東端
旧東海道の天竜川の渡し場所。
また、林業はなやかなりし頃、大天竜川の水運を利用しての木材の大集積地。
しかし、今は斜陽の町、中野町。
美しい面影もそこかしこに残るものの、どこか時代から取り残されつつある風情に郷愁を感じます

そんな中野町に人々に愛され続ける大衆ラーメン屋さんが一軒。
「むっちゃん」という店名に親近感を感じます。
不器用な家族総出での歓待を微笑ましく感じます。

先ずはプレーンのラーメンがこれです。
奇をてらうことのない正統派の濃いめのラーメン美味。
若干濃いめの味付けですが、そこは労働者の町中野町、汗をかきかきすするラーメンに
いつしか私たちの味覚も溶融、大天竜の水の瀬へと昇華(なんのこっちゃ)

こちらは自慢の餃子です。
浜松に多い、甘めのタイプとは一線を画した硬派の餃子という感じがします。
揚げ餃子の系統を汲み、ガツンと来る香味野菜の味が癖になります。
なおかつ美味しいときたら外せない一品。

 

そうしてツウはこの炒飯に吸い寄せられるのだとか…
この炒飯こそ魂の五つ星。
極上おすすめ品です。

ラーメンが400円、チャーシュウ麺500円、餃子300円、炒飯550円。
廉価を維持する姿勢に、時代に抗う反骨の魂を感じます。

なんでもこの店はかつてトキオとかいうアイドルグループの番組で取り上げられたことがあったのだとか…
しかし、そんな宣伝や色紙や記事の切り抜きを一切掲示せず、自慢せず、威張らず、ただ、無骨に日々、美味しいラーメンや炒飯を我々に廉価で提供して下さる姿勢に好感します。
とかく功利や利己に走る昨今の浜松人に、思い出してもらいたい魂がここには残っています。
嘉納治五郎先生の「精力善用自他共栄」の精神はこんなところにも宿っているのでした。

 


美味礼讃        太宰楼トップページ

 

 

inserted by FC2 system