太宰的美味礼讃

 

いこい食堂(ラーメン、餃子、チャーハンなど)

 

磐田市の郊外。
東海道線の南側。
あくまで空は蒼く、乾いた風の街に、まさに王者のラーメン店があります。

近年、増殖中の勘違いしたようなラーメン屋さんに辟易しているあなた、
こてこてアブラのラーメンにどうしてもなじめない貴兄、
いこい食堂にひとたび遊べばその魂は遠州の青空に向かって昇華すること間違いなし。

昼前から近隣のラーメン好きが三々五々集まってきます。

この飾らぬ店構えが先ず第一に硬派でいいです。
トタン貼り部分にペンキで書かれた字体が風格すら感じさせます。
今どきの勘違いしたような墨字遊び文字や、黒い板張りではったりかますような勘違い店舗とはそもそも一線を画そうという魂すら感じます。

店内はいたってシンプル。
注文書きの紙は広告の裏を使用。
それでいったい何の不足がありましょう

ああ、前置きが長くなった。
いけねえいけねえ
これがラーメン500円。
あまりの美しさにカメラ構える手が震えてしまいました。
澄みきったスープが佳品の味を約束しているようです。

こちらはワンタンメン大盛り700円。

麺は細麺、やや柔らかめなれどもちっとした上質の感覚が佳いです。
スウプの配合や調理法の科学は私には判りませんが、
オーソドックスの中に、しっかりとした王者の味。
他に何とも形容が出来ません。

ああ、でもこの味
上質の中にも何だか懐かしく感じられる。
こんなラーメンが好きです。

これで遠州3強が決まったかな

 

こちらは店の看板メニューと言われているタンメン700円です。
この日のタンメンスウプは透明度2センチ白濁。
ニンニクの香りが佳いです。
タンメンはともするとこれでもかとばかりの塩分投入に辟易することがあるのですがここのタンメンはきちんとしたスープの味がちゃんと出ています

また舌べろを火傷してしまいました。

 

餃子280円。
「遠州餃子はもやしが載っている」
そんな俗説や風習なぞどこ吹く風、我が道を行く。
野菜多め肉僅少、遠州のあっさりした餃子を踏襲しているものの、ニラの香りがなかなか効いています。一分で食べ尽くしました。

 

チャーハン550円。
美味しかったと言うことですが食べていないので何とも論評できません。
しかし、磐田のいこいは恐るべきパフォーマンスを誇るお店であることは疑う余地がないのではないでしょうか
極上おすすめです。

 


美味礼讃        太宰楼トップページ

 

 

inserted by FC2 system